ワンタフトブラシの比較|歯科衛生士ママが選んだおすすめ市販品

ワンタフトブラシ 使い方の解説

ワンタフトブラシはヘッドが円形でとても小さいので、普通の歯ブラシでは磨きにくい場所にピタッと届きます。

歯科衛生士の学生時代、親知らずが半分だけ生えていた時に使ってみたところ、衝撃を受けました。

めちゃくちゃ磨きやすいっ!!

親知らず以外にも、沢山の磨きにくい部位に気持ち良くピタッと磨けて、本当に素晴らしいです。

子供にもかなり使い勝手が良いので、我が家では息子たちの仕上げ磨きに歯ブラシと併用して使っています。

歯科医院でおすすめしていた商品や、市販品を試して比較しました。

優等生のライオン EXワンタフトブラシ

勤めていた歯科医院で販売していて、患者さんにおすすめしていました。

磨きたい部位にスッと届き、歯面にピタッとフィットします。

毛先のコシや耐久性、プラークを落とす力、全てが良い優等生です。

ただ、値段が少し高いのでコスパの良いものがないか探していました。(歯科医院では当時、1本300円で販売していました。)

安いけど値段通りなラピス ワンタフトブラシ

最初に購入したのがラピス社のワンタフトブラシでした。

こちらの商品に限らず、どこのメーカーも1本だけ注文すると送料が本体よりも高くなり、1本800円くらいする高級品になってしまいます。

楽天のまとめ買いがお得です。

12本入りで1300円なので1本108円です。

『なんて安いんだっ!!』と嬉しくなり使ってみると…

『つ、使いにくい…』

LIONのワンタフトとは大違いの使用感でした。

歯科医院専売品は歯ブラシの毛の質やカットの仕方、毛の本数なとが市販品とは違うはずなんですが…。

こちらは専売品にも限らず、毛先にコシが無くて磨きたい歯面にフィットしない、プラークが落ちにくいと感じました。

1本108円…つまり100均のワンタフトブラシってことでしょうか…。

私は12本使い切ることなく違うワンタフトブラシを購入しました。

我が家はCiメディカルの『ミクリン』

Ciメディカルは歯ブラシに力を入れているイメージは無かったのですが、歯科医院ではお馴染みのメーカーなので「きっと大丈夫だろうな」と思い購入しました。

10本で2000円なので1本200円です。

今度こそはという思いで使ってみると…

「ん!?なかなか良いんじゃないか!?」

毛のコシ、毛の密集度合いもLIONと似ている!

歯面にきちんと当たるし、プラークを落とす力もきちんとあります。

強いて言えば、ハンドル部分の持ちやすさと永久歯の最後臼歯(大人の一番奥の歯)への当てやすさがLIONより少し劣るという点です。

最後臼歯がまだ生えていない長男、乳歯列期の次男には、この点は気になりません。

頻繁に新しいブラシに替えた方が良いので、コスパと性能が良いミクリンを使っています。

LIONも値段がお手頃になっていた

今回の記事を書くにあたり、LIONの『EX ワンタフト』の価格を調べたところ、以前よりまとめ買いで安くなっていたので驚きました!

今は10本2620円で販売していたので1本262円になります。

長男はいずれ歯列矯正が必要なので、その時にはこの値段ならLIONに変えようかと思います。(矯正装置を付けると歯磨きがかなり複雑で難しくなる)

ブラシの硬さはM(ふつう)がプラークをしっかり落とせるので使いやすいです。

また、LIONには「EX ワンタフト システマ」という毛が長くやわらかいタイプがあります。

歯周病の歯や、歯肉の被った生えかけの歯の歯肉炎など、様々な症状に合わせて使えるもので、こちらがピッタリな方もいます。

まとめ

安いものでとりあえず試してみたい、値段が高くても使いやすいものが良いなど、人によって求めているものは違うと思います。

大切な歯のことなので、使いやすい商品や自分に合った商品を選らんでみて下さい。