ランドセルの選び方とポイント|今だから分かる!おすすめブランド3選

現役小学生ママの57%がランドセル購入に失敗したと感じているそうです。(ランドセル読本より)

我が家でも「もっと大きいランドセルを買えば良かった」と後悔した時期がありました。

ランドセルを見た目や金額だけで選ぶのは危険です。

子供が実際に4年使用して、購入時には気付かなかった事がたくさんあります。

「買い替えるならどのブランドが良いか?」という視点でポイントをまとめました。

また、ママ友にリアルな口コミを聞いておすすめの3商品も紹介しています。

後悔しないランドセル選びの参考にして下さい。

ランドセル購入でチェックすべき4つの項目

大きさ

失敗したと感じる4割が「サイズが小さかった」という点だそうです。

2020年度の教育改革に合わせて、各メーカーのほとんどがA4フラットファイル対応になっています。

体操着や水筒までも入れられる大きさをウリにしているメーカーもありますが、そこまでの大きさは必要はないと思います。

学年が上がるにつれて教科も増え(理科、社会、外国語など)、ノート・ドリル・資料集なども増えていきます。

ゆとりをもって入れられる大きさが必要です。

大きさのチェックポイント
  • 6年生時の1日の時間割分と筆箱、給食袋がきちんと入る大きさであること
  • A4フラットファイル対応であること

軽さ・背負いやすさ

購入後に「重かった・軽いほうが良かった」と3割が感じたそうです。

教科書だけでもかなり重いので、ランドセル自体が重いと毎日の登下校の負担になってしまいます。

軽い素材を選ぶことと、体にフィットするランドセルを選ぶのはとても重要です。

背中のクッションの厚みや、肩ベルトの位置・形状などで背負った時に感じる体感重量が変わります。

また、肩ベルトを本体に繋ぐ背カンは重要なパーツです。

背カンが左右に広がることで、背中にピタッとフィットして軽い背負い心地になります。

背カンが可動しない固定型は、体が大きくなるにつれて背負う時の負担になります。

軽さのチェックポイント
  • 素材は人工皮革(クラリーノなど)が軽くて丈夫なのでおすすめ
  • 背カンが可動型であること
  • 肩ベルトの位置や厚みが体にフィットすること
  • 背あてのクッションの厚さが十分で体にフィットすること

丈夫さ

ランドセルは6年間雨風にさらされ、時には砂まみれになり、乱暴に扱われることもあります。

型崩れしにくい構造や撥水加工など、各メーカーで様々な技術が取り入れられています。

また、万が一壊れてしまっても修理対応してもらえる6年保証が付いているランドセルがおすすめです。

丈夫さのチェックポイント
  • 耐久性、耐久素材についての記載がある
  • 内装もしっかりと作られている
  • 6年間保証がついている

錠前・フック・金具などの使いやすさ

錠前はワンタッチ錠前がおすすめです。

ワンタッチ錠前とはカブセを閉めると自動的に錠前がかかるオートロック機能です。

片手で簡単に閉めることが出来、閉め忘れて中身が飛び出してしまうことも防げます。

また、防犯ブザーの取り付けフックが付いているか、肩ベルトのバックルが脇腹や肘に当たって痛みがないかなども確認してください。

さらにあると良い機能は以下に記載します。

使いやすさのチェックポイント
  • ワンタッチロックの錠前であること
  • 防犯ブザーの取り付けフックがあること
  • バックルなどの金具が体に当たって痛くないこと
  • 持ち運びに便利な持ち手があること
  • 鍵や絆創膏を入れられるファスナー付きのポケットがあること
  • カブセやサイドに反射機能が付いていること

現役小学生ママの口コミおすすめ3選

上記の4つの項目をクリアし、現役小学生ママが「買って良かった」「使いやすい」という満足度の高かった人気のランドセルを3つ紹介します。

セイバン 天使のはね

ママ友リサーチの結果、一番人気は「天使のはね」でした。

両肩の付け根に白い羽のような形をした樹脂素材を内蔵することにより肩ベルトが立ち上がり、体にフィットするように工夫されています。

また、セイバン独自のスタイルキーパーや、タフかるプレートを使用した321構造で型崩れしにくく、収納部分は総内張りPETによりキズや汚れに強く丈夫なランドセルです。

フィットちゃん

独自の「フィットちゃん背カン」は肩ベルトが左右別々にスライドするので、体が大きくなっても背負いやすくおろしやすいことが特徴です。

肩ベルトが25°立ち上がるため背中へフィットし、肩への負担が50%軽減される構造になっています。

また、ランドセルのふち全周に反射材が付いている「安ピカッ」タイプや傷がつきにくい素材のクラリーノ・タフロック、クラリーノ・レミニカを使用したものもあります。

池田地球 地球NASAランドセル

我が家の長男が愛用しているランドセルです。

肩ベルトにNASAの為に開発された快適素材「テンパーフォーム」が使用されており、ピッタリ背負えて重さを分散するのはもちろん、衝撃吸収もしてくれる強いランドセルです。

また、「UP式背カン」で肩ベルトが上向きに固定されるので体にフィットし、軽く背負えます。

長男も「背負い心地最高っ!」と言ってお気に入りです。

3年使用した今、傷も型崩れもなくとてもきれいな状態です。

購入したタイプはサイズが小さめだったので、学年が上がり教科書が増えていくと大きさが大切だということに気付きました。

現在販売しているタイプはA4フラットファイル対応になっているので問題ありません。

金具類などの機能性も良く、おすすめのランドセルです。

▼詳細レビュー

池田地球NASAランドセル【口コミ・レビュー】池田地球NASAランドセルを3年使った感想

まとめ

通学路の状況や通学時間、子供の体型などによって必要な機能や便利な付属品などは変わります。

子供の入学後の登下校を想像しながら、チェックリストの優先順位を決めて選んでみて下さい。

子供たちがランドセルを楽しく、快適・安全に背負って小学校へ通えますように♪